MENU

ホワイトニングは敷居が高いと感じているあなたに、ぴったりな方法!

 

 

歯科医でのホワイトニング(オフィスホワイトニング)が人気とは言え、まだ敷居が高いことは否めません。

 

歯科医のホワイトニングは、なぜ敷居が高いと言われているのか?

 

もっと簡単にホワイトニングをする方法はないのか?

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの問題点や、それに代わる方法を探っていきます。

 

 

歯科医によるホワイトニングの敷居が高い理由

 

歯科医のホワイトニングは、なぜ敷居が高いと言われているのかといえば、ひとつめは料金の問題があります。

 

歯科医では、ホワイトニングのために1回通院するたびに、最低でも1万円からかかってしまうんです。

 

料金の相場は、1回分が大体1万円〜5万円とされています。

 

1回分だけの料金でも、びっくりするような高さですね。

 

 

しかも、歯の白さに満足するまでは、何回か通うのがふつうになっています。

 

1回3万円のホワイトニングで、白くなるまで4回通ったとすると、費用は計12万円、なんと10万円を超えてしまいます!

 

しかも、歯科医でのホワイトニングは健康保険が適用されません。

 

これでは、敷居が高いと思って諦める人が多いのも納得できます。

 

 

ホーム・ホワイトニングの場合は?

 

歯科医のホワイトニングを自宅で行えるホーム・ホワイトニングという手段もありますが、手軽そうに見えるこちらにも実は敷居が高い理由があります。

 

費用はオフィスホワイトニングの2分の1で済みますが、代わりにとても時間がかかるのです。

 

薬剤とマウスピースを使って、毎日1回2時間ホワイトニングを行い、1〜2ヶ月経ってからようやく効果が現れ始めます。

 

この「1回2時間」というのが面倒で、敷居が高いと感じる人が多いみたいですね。

 

 

しかも、オフィスとホームの両方で、虫歯などの問題があると施術を制限されたり、「歯にしみて痛い」「効果が出にくい」といった問題も無視できません。

 

人によっては敷居が高いどころか、オフィスホワイトニングができないという事態に直面するのです。

 

そんな場合、残されている方法はないのでしょうか?

 

 

「ちゅらトゥースホワイトニング」はどなたにもおススメ!

 

時間も予算もない、それに歯の状態が悪い、そんな人でも問題なく歯を白くできるのが、「ちゅらトゥースホワイトニング」です!

 

ちゅらトゥースホワイトニングは一瞬で歯が白くなることはありませんが、歯科医のホワイトニングと比べて「安い・手軽・安全」という条件をすべてクリアしています。

 

ネット通販からお求めになれる商品なので、完全に家にいながらにしてホワイトニングできますよ。

 

 

白い歯を諦める前に、ちゅらトゥースホワイトニングをまず3ヶ月、使ってみてください。

 

コレなら毎日3分のブラッシングをするだけで良く、3ヶ月使い続けても1万円を超えるくらいなのでお財布も助かります。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは今なら特別モニターキャンペーン中なので、スタートするなら今がチャンスですよ!

 

キャンペーンの詳細は、公式販売サイトからご確認ください。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら


このページの先頭へ