MENU

茶渋をホワイトニングできれいにするには?原因や方法を紹介!

 

 

日本人の食生活に欠かせないお茶。

 

ほとんどの人は毎日口にするのではないでしょうか?

 

でもそのお茶に含まれている茶渋が歯にくっつくと黄ばみの原因になってしまいます。

 

 

人と話すときに気になるだけでなく、虫歯の早期発見を妨げてしまう茶渋、どうやってホワイトニングしていけばいいんでしょうか?

 

今日は、茶渋が歯の黄ばみの原因となるのはなぜか、ホワイトニングで茶渋などの歯の黄ばみを落とす方法をご紹介したいと思います。

 

 

茶渋は歯の黄ばみの原因になる理由

 

茶渋というと、お茶を飲んだあとのコップを置いておくと、コップに茶色く汚れを残してしまいますね。

 

コップだけでなく、人の歯にも同じように茶渋は残ります。

 

茶渋は蓄積していき、いつしか歯の黄ばみに…。

 

 

茶渋には渋みの元であるカフェインやタンニンが含まれています。

 

このタンニンなどが黄ばみの原因なのですが、特に紅茶は要注意です。

 

お茶と名がつくものにはタンニンが含まれているものは多く、お茶を飲む限り茶渋を避けることはできません。

 

 

でもただ飲んでいるだけなのに、どうして茶渋が残ってしまうのでしょう。

 

うがいをしても避けきれない茶渋、実は歯の表面の凸凹の間に入り込むからなんです。

 

一度入り込んだ茶渋は歯磨きでも簡単に取ることはできません。

 

 

茶渋をきれいにするにはホワイトニング

 

歯磨きでは取れない茶渋。

 

どうすればきれいになるのでしょうか?

 

早速その方法を紹介していきます。

 

 

@ 歯医者さんでクリーニングを受ける

 

歯のことは専門の人に見せる、これがとても効果的なのですよね。

 

歯医者さんでクリーニングしてもらえば茶渋は取れます。

 

ただし、永久的ではないので、毎月1度は通う必要があり、保険適応されていても3,000円ほどの費用がかかります。

 

歯医者さんではほかにもホワイトニングによって茶渋を取ってもらうことができますが、こちらは費用が高め。

 

月に20,000円ぐらいの費用がかかる場合もあるようです。

 

 

A ホワイトニング専用品で自宅ケア

 

こまめに歯医者に通う時間が取れない、なるべく費用を抑えたい、という場合にはホワイトニング専用品を使って、自宅でケアしましょう。

 

水流で歯の表面の汚れを落とすものや、歯のホワイトニング専用スポンジなどいろいろなものがあります。

 

ここで注意するべきなのは、どんなものを使う場合にも、必ず研磨剤の有無を確認すること。

 

研磨剤は確かに歯をきれいにしますが、歯の表面に傷をつけてしまうので、さらに茶渋などの汚れがつきやすくなりますし、歯を傷めてしまいます。

 

また、口に入れるものですから、あまり薬剤の多いものも嫌ですよね。

 

 

そこでオススメなのが、ちゅらトゥースホワイトニングです。

 

リンゴ酸やビタミンCなどを主成分としており、強い薬剤を使わず、歯の汚れを磨いて落とすのではなく、歯の表面から浮かせて落とすホワイトニング商品です。

 

お手入れも毎日の歯磨きのあと、歯ブラシにつけて軽くこするだけ。

 

お値段も1本3,980円+税と歯医者でのホワイトニングよりうんとお得になっています。

 

 

茶渋による歯の黄ばみをどうにかしたい人は、ちゅらトゥースホワイトニングを試してみませんか?

 

購入できるのは、公式サイトのみですので、ご注意くださいね。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら


このページの先頭へ